youtube用のパチンコ・スロット動画撮影に色んなお店へ許可を貰いに行った話。 前編

未分類

お疲れ様です のり子です!

 

今回は、珍しく稼働記事ではありません。

コメントでも以前からちょくちょく質問を頂いていた事にお答えします。

撮影許可をもらいに行きました。

youtubeを始めてから、いや始める前も、私は動画や写真はお店に許可をとらずに撮っていました。

当時10分以上の動画を作る気が無く、フリーズや特化ゾーンなどの数分動画で通すつもりでしたので「わざわざ許可もらわなくても良いか……」と自己判断をしていたのです。

 

しかし10分以上の動画を作るとなると、お客様にも店員さんからにもすごく注目されます。

やはり無許可でビクビクしながらだと上手く撮れないと考えた末、勇気を出して、私が住んでいる地域で特に良く行くor行きそうなホールをほぼ全て回り、撮影許可のお願いに行きました。

 


めちゃくちゃ大変だったなぁ……。

 

それではどうぞ!

 

---スポンサーリンク---

ゴープロで無謀にも……

私の地域のホールはほぼ全店舗、写真撮影や短い動画を撮るのは「ほぼ黙認」してくださってます。

非常にありがたいです。

 

しかし、一体ホールはどこまで黙認してくださるのかを試したくなり、

 

・家から遠い上に高設定を入れない。

・お世辞にも店員さんの対応が良いとは言えない、気分が悪くなる事が多かったので行かなくなった。

・最悪「出禁」になっても構わない。

 

このような3点セットを備えた店舗へ行きました。

さらに実験としてゴープロというカメラも持っていきました。

 

↑Gopro(ゴープロ)。手のひらサイズで超小さい。

 

最初はスマホを使って10分ほど撮影をしていましたが、店員さんが撮影している私の後ろを通りがかってもスルー。

ならばこれはと思い、ゴープロを出して撮影を始めました。

 


……ソッコーで撮影を止められました。

 

謝罪をして退店。

ちなみにその時、6号機の地獄少女のAT中を打っていました。撮影を止められたことで写真も撮りづらくなり、結局記事にできませんでした。

 

そういうわけで、許可を取って気兼ねなく撮影したいなぁ……と考えた私は、一店舗ずつ許可をもらいに行く事を決心しました。

ただ一つ懸念がありまして、

 

今まで黙認されていたホールに断られたら、今後そのホールで撮影をし辛くなる。

 

ようは、「聞かなきゃ良かった」パターンですね。

これが一番怖かったです。

 

それでは、お店の特徴と対応を書いていきます。

ちなみに許可をもらいに行った店舗全て、以前から動画や写真も撮っていました。

 

---スポンサーリンク---

始めます。

一店舗目 小規模チェーン?店

家から一番近いホールで、スロット専門チェーン店(他の店舗はパチンコ併設店)です。

日頃から店員さんの対応が素晴らしく、旧イベント日にしっかり高設定を入れてくださるホールです。

 

一店舗目から断られたら心が折れそうでしたが、結果は、

 

・うちのグループは写真・動画も無断撮影OK!

・ゴープロ・デジカメもOK!

・店名出してもOK!

・三脚使用は駄目。でもスマホを固定する器具はOK。

・もちろん他のお客様に配慮しないと(お店側が)注意します。

 

一店舗目でこの神回答。すごく救われました。

 

しかしこの時、私にはある直感が働いてました。

 


別の系列店舗では断られそうな気がする!

 

後日ちょっと用事があったので、家から大分離れた場所にある、同じ系列店舗へ寄りました。

打つつもりはなかったのですが、店員さんに一応撮影許可のお願いをしにいきました。

 


「ウチ(自店)はそういうの一切許可してません!」

 

悔しい イラスト
秒で断られました。

 

あまり行ける距離にあるお店では無かったので、「いや系列店では”全店OK”と言われたんですけど……」という諸刃の剣(クレーマー扱いされますからね)は使わずに、お礼を言って退店しました。

うん、なるほど。

2店舗目 地域一番チェーン店

私が頻繁に抽選を受けたり、ブログで高設定全ツッパを頻繁にしていたメインホールです。

ですからこのお店でNGが出ると、正直痛いです!

 

ぶっちゃけこのホールは以前から写真や動画をバリバリ撮りまくっていたので、正直このまま許可をもらわずにいた方が良いのではないか?

そう葛藤しましたが、やはり心置きなく撮影したいので、責任者の方に時間を取っていただいて相談しました。

 


「ごめんなさい、ダメですね」

 

あああああああああ!やっちまったぁ!!!!!

聞かなきゃ良かった! と思いましたが、よくよく話を聞いてみると……

 

まあ、要は肯定も否定もしないという事でした。

お客様に目立たないようにすれば、何も言わないという感じですね。

ありがとうございます。

 

そんなわけで、まだまだ他にも聞いてきましたよ!

次回へ続く。