スポンサーリンク

クランキーセレブレーションを遅ればせながら初打ち。目押し難易度上げていくよ!

実践記事2

お疲れ様です! 今サザンアイズで目押し力がどれだけ上がったのか知りたい のり子です!

 

ベン・トーを増台して欲しいです。 前回の記事はコチラ↓
パチスロベン・トーでスプラッシュボーナスと久々ビンゴでフアフア!。

 

最近、ノーマルタイプへの愛が爆発中です。

毎日のように打っていると、以前に比べて若干ですが目押し力が上がっている気がします。

 

そこで、私はこれまでその難易度の高さから敬遠していた台に挑戦してみることにしました。

思った以上の難しさでしたよ……!

当たってる?

ノーマルタイプの記事をちょこちょこと書いていると、ツイッターやコメント欄で「あの台も面白いよ!」とよく教えていただきます。

 

そこで、以前から気にはなっていたものの、目押しが難しそうでずっと敬遠していた台を薦められました。 

 

難易度は高そうですが、今の私なら見えるかも!

そう思い、さっそくその台が設置されているホールへ。

 


クランキーセレブレーションです!

 

私が初めてこの台を知ったのは、「クランキーコレクション」でした。

嘘か誠か、ボーナス中は毎Gビタ押しが必須とか聞いたことがあり、その難易度の高さが恐すぎて避けまくっていたら、いつの間にか撤去されてました。

 

この台もクラコレと同じくらい難易度が高いのだろうと決めつけ、解析や説明書を見ることなく今日まで来てしまいましたが、

 


そろそろ挑戦してもいい頃じゃない?

 

さっそく台横の説明書を手に取り、打ち方を勉強します。

 

……なになに、左リール上段に鳥(コンドルでしたよね?)を狙ってハサミ打ち。右リールは適当で問題なくて、スイカがテンパったら中リールにスイカを狙う……。

 

あれ? バーサスとかハナビと同じですよ?

メーカーが同じだからでしょうか。通常時の打ち方が、バーサスとかとほぼ同じでした。

中リールには赤7を狙えばいいところも同じなので、

 


これなら私にも打てそう!

 

初めて打つので、1G1G丁寧に目押しをしていました。

どの形になればアツイのか、アツイ時はどういう演出が起こるのか、すべてが手探りです。

時間をかけてゆっくりゆっくり、目押しの練習をすること100G過ぎ。

 


……ん?

すごい違和感。

数秒経って、ようやく気づきました。ゲチェナです。

 

おおおお! なんと素晴らしい! ゲチェナって、何の告知音もなくシレッと止まることが多いですよね。自然に止まるので、気付くまでに時間がかかります。

そして時間がかかった分、興奮度合いもすごいのです。

 

投資3mlでボーナス確定です!

 

---スポンサーリンク---

ビタ押し講座。

投資3mlの速さでボーナスを当てました!

しかし、ここから私はボーナスを揃えるまでにけっこう苦労しました。

 


ボーナスが5種類もある……。

 

ボーナス察知手順はネットで検索すれば出てくるのでしょうが、ここのホールはメダルをあんまり洗ってないのか、すぐに指が真っ黒になるんですよね。

そんな真っ黒な指でスマホを触りたくない……と思っちゃったので、解析サイトは調べずに総当たり戦(=1つずつ狙ってみる)で行くことにしました。

 

自分が止めやすそうな図柄から優先的に狙ってみるものの、どれも揃わず。

どれも止まらないなあと5~6Gを無駄に消化してたら、

 


全力でボーナスを告知されました。

 

ランプがほとんど光ってます。まあ綺麗。

でもボーナスが当たったのかわかったから、どの図柄を狙えばいいのか教えて欲しいデス。

ボーナス告知された1~2G後、

 


やっと自分が狙うべき図柄が判明しました。

 

青7を揃えて、無事にBIGスタートです。

さて、この台はBIG、REGともに技術介入が必要です。

 

簡単に書きますと、

 

①中リール中段に青7か赤7をビタ。

②左リール中下段にコンドル。

③右リール中段に青7か赤7。

 

成功すると、

 


こんな形になります。

 

なんと、わたくし一発で成功させたのであります!

ちょっと自分でもビックリですが、初めてのBIGなのに一発でビタ押しを成功させたんですよ!!

 

これって、私の目押し力が上がっている証拠ではないでしょうか!?

14枚役を獲得した後は、順押し適当打ちでいいそうです。

 

私は鼻高々な気分で適当打ちで消化しました。

そしてボーナス終了後の獲得枚数は、

 


……なんか、少なくない?

 

技術介入成功で250枚出るはずなのですが、なんで237枚なの?

おかしいです。ビタ押しは成功したはずなのに。

 

ヘンだなあと思って、もう一度説明書に目を通したところ、

 


BIGは2回ビタしなきゃダメでした……。

 

せっかくビタ押し成功したのに、痛恨のミスです。

BIGは2回、REGは1回ビタ押しが必要なのでした。

でもビタ押しは意外とできることがわかりました。あとは慣れですね!

 

---スポンサーリンク---

クラセレの魅力。

打ち方がバーサスやハナビに似ているということは、やはりリーチ目も同じものが多いです。

同じものが多い……それすなわち、

 


スイカ外れ!!(注:リーチ目では無いです)

 


神級の出目がキター!

 

ボーナス終了後4Gで、スイカが外れましたよ!

あああスイカ外れってホント好きー!

 

そしてこの日、鳥肌が立つほど興奮したリーチ目がコチラ。

 


リーチ目というか、もう当たってますね。

 

これ、いきなりだったのです。

通常通り左リール上段にコンドルを狙ったら、ズルっと滑って下段に。

 

えっ、中段チェリー!? とビックリしたのと同時に、右リールを勢いで止めたらコンドルがテンパったのです!

 

コンドルがテンパった時の「ガブッ」みたいなテンパイ音で、これが中段チェリーではなくコンドルBIGということがわかりました。

この出目を見た瞬間、

 


なーにーこーれー!!

 

頭から脳汁が噴出ですよ……!

これはとんでもない変化球でした。いきなり中段チェリーに見せかけのボーナスなんですから!!

 

この台、打ち込んだらすごく面白い台ですよ、きっと!

ただ、1つだけ困ったことがあります。

それは、スイカがテンパったら中リールに赤7を狙うのですが、

 


中リールに赤7が2つあるんですよね……。

 

スイカがテンパるのに、赤7を狙ってもスイカが止まらないので、説明書のリール配列をもう一度よく見直したら、赤7が2つあることが判明したのです。

 

1つはスイカ付き、そしてもう1つがスイカがついていない赤7でした。

他のボーナス図柄にはスイカがついていません。

 

なので、スイカ付き赤7をどうにか探し出して止めるか、コンドル図柄を遅めに押すか、あとはスイカを直視で止めるかしか方法がないのです。

 

一番簡単なのは「コンドルを遅めに押す」だと思ったのですが、どうもこれが上手くいかず。

無謀だと思いましたが、

 


スイカを直視することにしました!

 

でもスイカっぽい緑色は見えても、成功率は6割くらい。意外と成功率は高いですが、残りの4割はスイカの15枚役を取りこぼしです。そう考えると、6割でも低いくらいです。

 

練習とはいえスイカを何度も取りこぼし、無意識に「ああ、また失敗しちゃったよー」と呟いたら、ちょうど後ろを店員さんが歩いていて独り言を聞かれてしまいました。

 

すごく恥ずかしくなったので、クラセレの出玉を持って逃げるようにバーサスに移動(台を移動すれば私の存在を忘れると思った)。

そこで出玉を全部飲ませてヤメです。

クラセレは、ボーナス中のビタ押し、中リールのスイカ狙いなど、やっぱり目押しは難易度が高かったです。

 

でもリーチ目がイイ! とんでもなくイイ! 

特に中段チェリーと見せかけてのコンドルが最高にイイ!!

 

撤去までにはスイカの直視ができるように、目押しの練習頑張ります!

それでは、次回の更新まで……

 

トランキーロ! あっせんなよ!!

 

---スポンサーリンク---

その他の稼働と結果

9月19日 -3ml

クラセレ
 投資3ml 回収0