スポンサーリンク

【スロットバジリスク3】設定判別に周期モードも重要。続行か否かの分岐点! 後編

高設定?ツッパ稼働

お疲れ様です! のり子です!

 

バジ3で設定狙い開始! 前回の記事はコチラ↓
スロットバジリスク3設定狙い。駿府城に服部親子は高設定で良くない!? 前編

 

こんなにも調子のいいバジ3が今までにあったでしょうか。

BCに次ぐBC、CZでは駿府城が飛び出し、ARTの5セット目では高設定示唆の服部親子が登場しました。

 

まだ2000G弱しか回していないですが、もう高設定と考えてもいいのではないでしょうか……!

出玉は約2000枚ちょっとあります。

この調子でいけば、5000枚も夢じゃない!

ARTは続かない。

2000枚超えをグラフで確認し、私は長丁場になることを確信してカフェオレを買いにいったん離席しました。

カフェオレを買いに行きながら、判別アプリで途中経過を確認します。

 


ああ、非常に良いですね!

 

設定5もしくは6と高設定寄りの数字じゃないですか!

しかも設定1~3がほぼ0%です。

解析サイトは最初にちょろっと目を通しただけですが、この数値なら判別要素とか気にする必要はなさそう!

 

高設定確定演出だけを頭にインプットし、私はそっと解析サイトを閉じました。

さて、カフェオレを手に席に戻って再開すると、次のCZは120Gほどで来ました。

 


人別帖です!

 

高設定ほど選択されやすい、CZレベルは真ん中のステージです。

しかし低確であろう状態でCZに入ったので、さらに高設定期待度が高まります。

 

CZが本当に軽いなあと感動している間に、

 


またARTが確定!

 

先ほどのARTが終わってから、まだ137Gしか経っていません。

この軽いARTをポンポン当てていったら、軽く5000枚いきますよね。うん、いきます。早く5000枚いかないかな。

 

……とはいえ、この台の純増は約1.7枚です。

出玉が増えるのにはけっこうな時間がかかりますし、

 


ほとんど伸びずに終わることもあります。

 

今回は2連で終了してしまいました。残念。

でも当たりは軽かったので、出玉にはほとんど影響はありません。

 

次のARTで伸ばせばいいやと、また次のCZを待ちわびること240Gほど……。

ちょっぴりハマってしまいましたが、

 


CZはまたしても人別帖でした!

 

出玉が少し減っちゃいましたが、また人別帖に入ったし、ARTにも繋がったし、それに考えたら240Gなんてハマったうちに入りませんよね!

 

まあ、ARTは単発だったんですけどね!

70枚くらいしか出なかったので、減った出玉にちょっとも補填できなかったんですけどね!

設定的にはプラスになる要素が多いのですが、なかなかARTが続きません……。

---スポンサーリンク---

お城、ふたたび!

カフェオレを買いに離席したあたりから、少しARTの調子が悪くなってきたかなあ。

 

調子が良い時に席を離れるとヒキが弱くなる、というジンクスがあるので、もしかしたら本当にあのカフェオレで流れが変わったのかも……?

 


せ……席立たなきゃよかった……?

 

ARTが2連続でほぼ伸びず終わってしまったことに、少し危機感を覚えた私。

 

もしかすると本当に流れが変わったかもと戦々恐々としていたら、それがいけなかったのか、次は340G近くまでハマってしまいました。

下皿いっぱいにためていたメダルがなくなってしまいました……。

 

しかし悪いことばかりではありません!

 


ふたたび駿府城に行ったのです!

 

2回目の駿府城です!

今日初めて目にしたばかりの駿府城が、今日はもう2回も出てきました!

 

ARTは全然続かないけれど、出玉もちょっと減っているけれど、それが何だというのですか! この台の挙動は素晴らしいのです!

 

駿府城は成功しませんでしたが、ARTは確定しました。

 


ただし2セットしか続かず。

 

いいんです。2セットしか続かなくても。だって駿府城に入ったんですから!

 

出玉は減っていますが、勢いには乗っています!

打ち続けていれば、いま停滞している分以上のものが返ってくるはず。踏ん張れ、私!

---スポンサーリンク---

急展開。

ARTの調子は悪いですが、CZもちゃんと来ていますし、駿府城にも行きました。

弱チェリーの落ちは相変わらず改善しませんが、勢いに乗っていると宣言してもいい挙動です。

 


大事なのは出玉より挙動!!

 

下皿のメダルがなくなってしまい、上の棚に置いた2つの箱のうち1つに手を伸ばすことになってしまいましたが、でもこれは必要投資です!

体感でも高設定を確信していましたが、さらに私の確信を後押ししていたのが、

 


判別アプリの結果です。

 

打てば打つほど、設定6の割合が上がっていきます。

この数字があれば、どんなに出玉が減っても私は頑張れる……!

 

体感と数字の両方が高設定を指しているため、私に迷いはありませんでした。

ただ打っている間、困ったことがあるとすれば、

 

不安 イラスト
レア役がまったく落ちて来ないことです。

 

途中から、強レア役どころかただのレア役でさえ落ちて来なくなりました。

強チェリーもチャンス目も巻物すら来ないので、周期短縮してくれません。

周期短縮してくれないので、CZの煽りが来るのに200G以上もかかります。

 

200G以上かかってやっとCZの煽りが来ても、そのままCZに入らず煽りが終わることもあります。そしたらまた200G以上待たなければなりません。

そしてたまにCZが来たと思ったら、

 


こういう時に限って一番期待度が低いCZです。

 

このCZではリプレイをいかに引くかが重要なのですが、リプレイをほぼ引けずCZを外します。

 

この台を打つことに全く迷いはありません。

しかしレア役が引けない、CZからARTに繋がらないを2回繰り返して、

 


907Gまでハマるのはさすがにキツかったです。

 

青白い顔 イラスト
出玉残り300枚になりました。

 

これまでハマって減った分もあって、出玉が残り300枚です。

強レア役さえ引ければここまでハマっていませんでした。強レア役さえ引ければ……!

 

これでせめてARTが伸びてくれれば何の問題もなかったのですが、

 


そうは問屋が卸さず。

 

何が起こったのか、ARTがぜんっぜん続きません。

朝の挙動は一体どこに行ったの!? まるで台が私を拒絶しているかのようです。

 

私の中で、「なんだかおかしい」という気持ちはもちろん湧き上がっていました。

 

判別アプリの数値は設定6を指していますが、それにしては弱チェリーの確率は悪いままですし、CZ突入率も良くない気がしてきたのです。

900Gハマった時なんて、CZ3回しか来なかったし……。

でもそれは周期短縮が全然できなかったからだしなあ。

 


私は悩み悩み打っていました。

 

何度も席を立ち、何度も判別アプリを見直し、今までの初当たり履歴を見返し、でも解析サイトを開くことは一切せず、「なんだか変だなあ」と思いながら打ち続けました。

 

絶対に低設定ではありません。低設定の挙動ではないことはたしかです。

この台は高設定です。高設定ですが……それにしては何かが足りない気がする……。

そう考えている間に、

 


全ノマレ。

 

全ノマレです。2000枚ちょっとあった出玉が、全部飲まれました。

 

なんという急展開でしょう。

5000枚くらい軽く出ると思っていたあの時から、数時間しか経っていないというのに。

 

さらに打つには、追加投資しなければなりません。

 


追加投資は……したくないなあ。

 

ここでヤメるという選択肢もありました。

追加投資してまで打つ台なのかという葛藤もありました。

 

全ノマレしてしまった今、私は岐路に立たされていたのです。

 


追加投資をするか、帰るか……。

 

私は悩みました。ものすごく悩みました。

この岐路を間違えば、大変なことになる気がします。

だから真剣に考えなければ。

 

私はホールをグルグルしながら悩みました。

そして出した結論は。

 


追加投資を……しよう!

 

追加投資をしてでも、打つべき台ではないでしょうか。

こういう時にしり込みしてどうする、自分! ここで踏ん張らないと、これからも踏ん張れない自分になっちゃうよ!

私は自分に喝を入れ、そして残高の残った会員カードをサンドに差したのです……。

---スポンサーリンク---

折れた原因。

追加投資を始めてからも、初当たりが軽くなるということはありませんでした。

そしてARTが2連以上するということもまた、ありませんでした。

 

907GでARTが終わった後、243GでCZを成功させました。

 


単発でした。

 

次は460Gで当たりました。

2連でした。

 

573Gで、久しぶりに強チェリーからBCが当たりました。また青でした。ARTにも入りませんでした。

 

そしてARTは681Gで当たりました。

 


ARTは2連でした。

 

もう自分でも深みにハマっていっているのがわかりました。

しかし一度打つと決めた以上、途中で投げ出すなんて私にはできませんでした。

 

午前中には確実に勝利が見えていましたが、今の私の目に前には「絶望」しかありません。

一体どうしてこうなったのでしょう。この台は高設定確実だったはずなのに。

 

投資はどんどん増えていきます。財布の中身がすべて溶ける勢いです。

 

途中からずっと、私は何か忘れているような気がしていました。真っ先に確認するべきものを、忘れてしまっているような……。

しかし負けすぎて、いったん手を止めて考えるという冷静な判断がこの時の私にはできませんでした。

 

私の手がようやく止まったのは、

 


13回目のART当選で。

 

単発でARTを終わらせた後、私はフラフラと席を立ちました。

よろける足取りで、いったん休憩所へ。

 


私、何やってんだろ……。

 

しばしボンヤリとし、そこで何の気なしにスマホを開きました。

判別アプリの結果は、ずっと設定6を指しています。

 

しかし私は、判別アプリに入力する以外は何もしていませんでした。せいぜい体感で高設定を感じていたくらいです。

……あれ?

 

呆然 イラスト
そういえば私、解析サイトをちゃんと調べてなかった。

 

朝の挙動があまりに良すぎて、もう見なくていいかと解析サイトを閉じたんでした。

そのことを、今さらながら思い出した私。

 

打っている間は負けすぎて頭がパニックを起こしていたのでしょう。「解析サイトを見る」という考えがまったく浮かびませんでした。

私は改めてバジ3の解析サイトを開いて、上から下までくまなく調べました。

 

私が打っている間中、感じていた「なにかおかしい」という感覚の正体は、すぐに判明しました。

 


CZが来なさすぎるんだ!!

 

そうなのです。途中でCZがあんまり来ないな……とは思っていたのですが、それをもうちょっと問題視するべきでした!

 

設定6にはモードが3つあります。

それぞれのモードには周期天井が設けられているのですが、モード3のみ周期天井が1Gになります。

1Gということは、周期開始と同時に周期天井に到達するということです。

そしてモード3は100%CZに入ります。

 

設定6は、このモード3への移行率が一番高いのです。なので低設定に比べたら早いCZに期待できます。

 

私の場合、このモード3に移行している感じがなかったのです。というか、周期開始と同時にCZの前兆に入った記憶が1回しかありません。

 


モード3に全然移行してないじゃん!!

 

朝から解析にしっかり目を通していれば、こんなに追加投資する前にヤメることができたかもしれないのに!

判別アプリは設定6を指しています。体感で感じる挙動も低設定ではありません。

 

……が、たぶんこの台は6じゃないです。あっても4とか5じゃないでしょうか。モード3への移行しなさっぷりを考えたら5?

 

最初のヒキが神がかっていただけで、打っても打っても響かない今の挙動が、本来のこの台のポテンシャルだったのでしょう。

 

それに気づくまでに、私は5700Gも費やしてしまいました。

 


総投資は30mlです。

 

朝から解析サイトをしっかり読み込まなかったこと。負けている時にパニックになり手を止めるどころかサンドの貸出ボタンを連打してしまったこと。冷静さを完全に失っていたこと。

 

朝の時点で、私はすでに大失敗していたのです。負けるべくして負けたのです。

 

私はよろけながら席に戻り、そして数十枚の出玉を箱にチャリンチャリンと入れて立ち上がりました。

 

夕方18時前後。

ピーク時には2000枚あった出玉は溶け、マイナス1500枚で終了です。

 

なお、出玉があまりに少なかったのでジャグラーに流しました。ペカりませんでした。

めちゃくちゃ負けてしまいましたが、たぶん設定45あたりではないかと思います。

 

※誤解の無いように書いておきますが、判別アプリが悪い訳ではありません。

実際この判別アプリで、私は何度も高設定を掴むことができました。

自分の判断、知識とホールの設定状況や過去の実績、それらを組み合わせて初めて判別アプリは強い武器になると思います。

今回は明らかに、私の判断ミス、知識不足が招いたことです。大反省!!

 

詳細データはコチラです。ご興味のある方はご覧ください!
詳細データ:低設定ではない中間設定以上はあると思うバジリスク3のデータです。

 

次はちゃんと調べてから打つぞ!(当たり前です)

 

それでは、次回の更新まで……

トランキーロ! あっせんなよ!!

---スポンサーリンク---

その他の稼働と結果

5月26日 -30ml

バジリスク3
 投資30ml 回収0