【押忍!番長3】絶頂対決が2回きた!設定5!?でもデジャヴ… 前編の巻

2018年7月14日実践記事

どうも、今日打ちに行く人が適当に座った台が高設定でありますように。のり子です。

 

さて、週の真ん中であるこの日は、「春分の日」と呼ばれる世間のお休みだった。

 

世間がお休み=私もお休み

 

……ならば朝からホールに特攻じゃあ!

 

そういうわけで、朝からホールへとっとこ向かった。

 

今日の狙い目は、バジリスク絆か番長3だ。どちらかを取るには10番以内に入っておく必要がある。

 

もしどちらかが取れなければ、今日はもう帰る! それくらい気合を入れて抽選を受けた。

 

気合って大事。

 

バジ絆は7台、番長3は3台の合計10台だ。この番号であれば余裕でバジ絆を取れるのだが……

 

番長3が打ちたいなあ。

 

バジ絆の6は昔打ったことがあるから、今度は番長3の設定6を打ってみたいなあ。

ただただ打ちたいだけの理由で、番長3に行くことにした。

---スポンサーリンク---

押忍!番長3

さて、番長3の設定判別要素を調べると、モード移行率の差が大きいと書いてあった。

 

うん……ようするに、たくさん対決が来ればいいってことかな?

 

前にも調べた気はするけど、もうすっかり忘れていた。とにかく対決がどれくらい来るかをメモっていこう。

 

見切り発車で実践開始。

 

最初の対決はベル1回で来た。誰よりも早く対決にいったが、残念ながら負け。

この最初の対決が勝てればよかったのになあ。

 

しかし、100G超えたところで来たチャンス目から対決が来て……

 

本日初の頂ジャーニー。早い!

 

投資3mlでARTをつかんだ。

 

しかもこのART、継続率がいいのか、セットも乗せていないのに1セット、2セットと続くではないか。

 

そして迎えた3セット目。

 

轟大寺に移行し、普通のボーナスが来るかと思いきや、出てきたのは

 

絶頂対決!

 

設定5か!!!

 

実践開始してまだ30分も経っていないのに、いきなり絶頂対決に入るとは! これは設定5じゃないのか!?(気が早い)

 

この絶頂対決だが、たしか最高でも6セットしか乗せたことがないはず。しかも前回にいたっては涙なしでは見れないヒドイ内容だった。

 

↓前回の絶頂対決の記事はコチラ↓

番長3で絶頂対決!ボーナス中にチャンスチェリー!高設定でお願いします。 の巻

 

今回こそは、10セット乗せたい! いや、できれば20セット! 欲を言えば30セット!!!

 

開店前の抽選では、気合で5番が取れた。ならば、今回も気合でどうにかなるのではないか?

よし、じゃあ、気合でやってみようじゃないか。

 

気合で、20セット乗せてみようじゃないか!!

 

左手に気合を乗せて……いざ!

 

気合いだああああ!!

 

思ったのと違う……。

 

思ってたのとは違うけど、一応6セットはもらえた。何もないよりかはマシと思おう。

絶頂対決のあとにきた青7ボーナスでは、

 

赤7を1回揃えた。

 

これで合計7セット獲得。

ペナントの色はレインボーに。

 

ここまでの流れは悪くないぞ。

 

それにしても、1回目のARTで絶頂対決が来るとはなあ。この台、本当に設定5じゃないのか?

 

まあ、設定5以外でも振り分けはあるし、今の段階ではまだ何とも言えないけどね。

 

たった1回絶頂対決が来たからって、すぐに設定5に結びつけちゃダメだよね。まだたった1回なんだから……

 

前回の絶頂対決から約30分後。

 

設定5じゃああああ!!!

 

これはもう設定5でいいんじゃないか!? 設定5で何の問題もないということでいいんじゃないか!?

---スポンサーリンク---

設定5に大いに期待。

なんと、1回のARTで2回も絶頂対決が来た。

これはさすがに設定5を期待してしまう。

 

もう設定判別とかナシにして、こぜ5として打ってもいいんじゃないだろうか。

 

というか、このARTが閉店まで終わらなければ、設定とか関係なくなるんだけどね。

 

そんな期待に胸躍らせた2回目の絶頂対決。

 

さっきは6セット乗せたから、次は6の数字を超えたい。超えて、今度こそ10セット乗せたい!

そんな強い気持ちで対決に臨み、

 

3勝……。

 

3勝……。うん、3勝だ……。

 

……私、わかってたんだ。

 

絶頂対決がなかなか乗せないモノだって、うっすらわかってたんだ。

 

10セットも乗せるのは、正直ムリかもしれないって、そう、気づいてたんだ……。

 

でもさ、

 

夢……見たいじゃない?

 

2回も来てくれた絶頂対決だったが、2回目は3勝と寂しい内容で終わった。

 

そんなこんなでわりと伸びて、朝イチのARTで、

 

一気に2300枚の出玉を獲得した。

 

これだけあれば、もう追加投資の心配ないだろう。

 

ここからはゆっくりと設定判別をして……っていうか、もう設定5でよさそうじゃないか?

 

設定5なら機械割も高いし、粘っても大丈夫だよね。

 

絶頂対決ですでに設定5を確信した私。

 

しかし、前回の稼働のトラウマが、どうしても払拭できない私だった……。。

 

それでは次回の更新まで……

トランキーロ! あっせんなよ!!

 

↓後編はコチラ↓

【押忍!番長3】設定5と決めつけ設定判別をやめる。なぜやめた。 後編の巻

 

↓お帰りはコチラ↓

にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村